徳川家康の休憩のために造営された土気の茶亭

千葉市緑区にある「昭和の森」から大網白里町に向かうと「池田入口」のバス停があります。その反対側にこんもりとした丘陵があり、その丘上に日吉神社が鎮座しています。

この辺り一帯が「土気の茶亭」跡で、『当代記』の慶長19年(1614)1月7日の項に、

<大御所(家康)、下総国とけとうかねへ鷹野のため御出。>

とあり、家康は東金辺で「鷹狩り」をするため、「とけ」(千葉市緑区土気町)を通ったといいます。

また、『寛政重修諸家譜』の小栗信友(又兵衛)の項には、

<此月(寛永元年正月)、小栗又兵衛信友、上総に赴き、東金の御離館、ならびに土気の茶亭構造奉行命ぜられ、この月より手斧始せしとぞ。(中略)のち台徳院殿(秀忠)、東金に御放鷹ありて、采地池田村(大網白里市池田)を過らせたまふの時、御茶屋経営の事をつとめしにより、采地ちかき金谷村(大網白里市金谷)にして山林の地をたまふ。>

とあり、小栗信友は東金御殿と土気の茶亭の「構造奉行」(改築又は増築か?)を行い、秀忠が池田に来た時、その褒美として金谷村の山林の地を賜ったといいます。

さて、日吉神社の山門から急な階段を登ると社殿があり、この左手の一段高い所に家康を祭神とする「権現大明神」(土地の人たちは「権現様」といいます)という小祠があります。この地からは広大な九十九里平野を遠望することができます。

徳川実紀』や『当代記』には、家康がこの地を訪れたことが記載されており、この地には随所に家康伝承があります。日吉神社の階段の途中には井戸跡があり、家康が休憩された時、池田の人たちがこの井戸水で御茶を差し上げたといいます。また、社殿の脇に大きな松の老木があり、家康は鎧をこの木に掛けて休憩されたといい、後にこの木を「御茶屋松」と称されたといわれています。さらに、この茶亭の裏側が切り通しになっており、これは家康のお成りのために造成した道で、「お成り道」(御成街道)といわれ、神社の反対側から池田の集落に行くと、山林の中に「賄屋(まかんや)の井戸跡」があり、家康や家臣たちの馬に水を飲ませた井戸であるといいます。

この茶亭でくつろいだ家康は、池田の人たちの厚いもてなしに感謝し、これを仕切った池田の代官野村彦太夫に、茶亭から北方に、眼中に入る一帯の土地(金谷村)を与えたともいわれています。

この茶亭は、船橋御殿・御茶屋御殿・東金御殿と同じ寛文11年(1671)に取り壊されたといい、かっては輝かしい史跡であったと思われますが、時とともに忘れ去られようとしています。

徳川家康の休憩・宿泊のために造られた船橋御殿考

徳川家康が初めて船橋宿(船橋市)を訪れたのは、天正19年(1591)であり、『船橋御殿御由緒写』(千葉市花見川区幕張町・中須賀武文家文書)に、

<(前略)時に天正十九辛卯年、関東入国なさしめ玉ひ、初て船橋へ成され候節、当宮(意富比神社)は関東の惣社にして、然も江府御居城御守の神社なりにより、御参宮遊ばされ、則時(そのとき)の神官富中務太輔宅を勿体なきも御旅館の御殿に遊ばされ(以下略)>

とあり、家康は意富比神社(船橋大神宮)の神官富中務大輔基重の邸宅を仮の御殿にしたという。

神官富氏の始祖は、景行天皇(12代天皇)第4皇子五百城入彦で、天皇の詔により船橋に下向し、東国88ヶ村の県主と意富比神社の神主として赴任したという。

船橋御殿について、宝永4年(1707)4月の『船橋御殿跡地裁許絵図』の裏書に、

伊奈半左衛門(忠克。半十郎忠政の間違いか)家来遠山群大夫・根岸助太夫差遣令詮議(以下略)>

とあり、慶長17年(1612)に家康の命を受けた関東郡代伊奈忠政は、神官富氏の邸宅を「田中の地」(船橋市藤原に田中屋敷あり)に移し、家来の遠山群太夫・根岸助太夫に御殿を造営させたという。その敷地は、前書に、

<御殿地にて、一町六反五畝二十四歩除地に候>

とあり、約4800坪で、『絵図』には「御殿跡」・「囲土手、惣反歩五反四畝十歩」、「大膳分畠」、「郷御蔵」、「御立野」、「表御門」「裏御門」、「野道」という明記があるが、敷地内にどのような建物があったのかは不明である。

その後、この御殿は修理が行われたようで、『寛政重修諸家譜』の小笠原貞信(源四郎)の項に、

<(寛永)十六年(1639)六月二十日、仰を受けたまはりて船橋御殿修理の奉行をつとむ。>

とある。

この御殿に家康は、慶長19年(1614)1月に東金辺での「鷹狩り」の途中に立ち寄り、帰りにもここで休憩している。また、翌元和元年(1615)11月16日にも東金に行く途中にこの御殿で休憩し、帰路の同月25日には宿泊している。この日の『徳川実紀』には、

<大御所(家康)、東金より船橋へ至らせ給ふ。今夜、船橋市中、失火し、民居悉(ことごと)く焼失すといへども、御旅館は恙(つつが)なし。>

とあり、船橋市中で火災が発生し、民家のほとんどが焼失したが、御殿には影響がなかったという。地元には、この時、家康は何者かに鉄砲で撃たれたが、富氏が救ったという伝承がある。

この御殿には家康2回、秀忠10回、家光が大納言時代に1回の計13回、訪れていることが記録されている。

しかし、寛永7年(1630)12月以降、将軍(大御所)のお成りはなく、寛文11年(1671)4月にこの御殿の他、千葉の御茶屋御殿、東金御殿、土気の茶亭(大網白里町池田)は取り壊された。

木更津・長須賀東照宮

国道16号を木更津市街に向かって進むと、「南長須賀」バス停の先が字南であり、西清小学校があります。その手前に大物主命、国常立命瓊々杵尊(ににぎのみこと)を祭神とする日枝神社があります。

この神社の由緒は不詳ですが、かっての社名が山王社で、明治元年(1868)に現在名に改められました。現在の社殿は、弘化4年(1847)に再建されたもので、内部には葛飾北斎が当地に滞在中、畳ヶ池(この神社の南方、字堰ノ上にあり)辺で描いたという「富士の巻狩」の扁額が掲げられています。

境内社について、明治・大正期の『千葉県神社明細帳』に、

  一.境内神社  七社

    東照神社  祭神  源家康公

            由緒  不詳

            建物  石祠

とあります。この東照神社は、境内の右側に三基の石祠が並び、その左手の石祠(高さ67cm、幅23cm、奥行16cm)で、

  (正 面) 東照宮

  (右側面) 嘉永己酉年(二年、1849)

  (左側面) 四月十七日

と刻まれています。

高村光太郎が一服した白里村(大網白里市)の南今泉

昭和9年(1934)5月7日、光太郎は「藁にもすがる思い」で智恵子を母センが住む豊海村(九十九里町)真亀納屋に転地療養をさせました。

そして、光太郎は、ほぼ毎週1回、この真亀の地を智恵子の見舞いのため、訪れました。

朝早く両国駅を発ち、2時間20分かけて大網駅に着き、ここから東海バスに乗り、白里村(大網白里市)南今泉に着きました。

ここで、一宮からの東海バス、片貝行きに乗り換えますが、光太郎はこの南今泉の店屋で休憩をとりました。この店屋は、「富塚屋」であったといい、この店の女主人は、「黄八丈の着物を着て、帽子はなく、その頃流行した、藤のボストンバックを持った、光太郎先生をみつけました」と話されていました。

この富塚屋は、10年ぐらい前にセブンイレブンに変わりましたが、その後、閉店しています。

f:id:bososhitan:20211219112454j:plain

f:id:bososhitan:20211219112543j:plain

 

高村智恵子が療養した田村別荘 智恵子ゆかりの羽織Ⅱ

智恵子が九十九里町真亀を去るとき、お世話になった真亀の小倉機屋さんの奥さんに、そのお礼にと置いていった「羽織」。

その後、大網の小川さんから、現在保管している鈴木茂さんに渡ったといいます。

鈴木さんは、町の方で保管し、展示するように申し出たが、町の方では「その経緯を書いたものがない」ということで、受け入れられなかったといいます。

鈴木さんは、地元で保管・公開先を探していますが、関心がないようで、可能性は薄いといい、「こうなつたら、福島の智恵子記念館しかないですかね」と話されています。

f:id:bososhitan:20211219111632j:plain

f:id:bososhitan:20211219111727j:plain

 

高村智恵子が療養した田村別荘 智恵子ゆかりの羽織

昭和9年(1934)12月20日、智恵子は九十九里町真亀で7ヶ月余り療養し、母センや斎藤一家に見送られ、光太郎の連れられて自動車で東京のアトリエに戻りました。この間、体は丈夫になったが、脳の変調は進展したといいます。

この真亀での療養生活で、近くの機屋(はたや)の奥さんにお世話になったといい、東京に発つとき、そのお礼として「羽織」を置いていきました。

この「羽織」が大網白里町北今泉の鈴木茂さんが保管しています。羽織は、身丈98cm、幅64cm、袖丈54cm、袖幅31cmで、上品な文様のものです。

f:id:bososhitan:20211218103337j:plain

f:id:bososhitan:20211218103431j:plain

 

高村智恵子が療養した田村別荘 その変遷と新説Ⅵ

汐浜観光組合が買い上げた「田村別荘」は、その地代と改修費の支払いは勿論、定期的な清掃も組合員が行っていた。

同時に組合は、大網白里町に「文化財」に指定するよう要望した。昭和48年(1973)2月に大網白里町文化財審議会の議題として提案されたが、

<昔の面影が薄く、純粋な文化財としての価値が少なく、現状は老朽化も進み、移築後、増築され、当時の遺構は柱と欄間程度である>

として否決され、文化財の指定には至らなかった。

その後、組合が経営する「汐浜荘」の閉鎖、組合員の高齢化により、管理が行き届かなくなり、廃屋状態になり、ときには浮浪者が寝泊まりしていたこともあったという。

写真上は宴会場に掲げた「汐浜荘」の旗、下は田村別荘跡地

f:id:bososhitan:20211218102844j:plain

f:id:bososhitan:20211218103001j:plain